原因と改善方法

腰痛の場合、筋肉が緊張している状態であるのならば改善をすることは簡単ですが、椎間板ヘルニアの場合は回復するまで少し時間がかかってしまいます。首周りや腰などの違和感は椎間板ヘルニアである可能性が高いです。椎間板ヘルニアになる原因として、ストレス、睡眠不足、身体の歪みなどが考えられます。ストレスの場合、精神的ストレスが身体全体の筋肉を硬直させることとなり、それが緊張の元となります。緊張している時は、内蔵などにも負担となるため元気がなくなっていきます。身体が正常な状態でないのならば新陳代謝も下がるので椎間板の特徴である弾力がなくなります。身体の歪みも少しにたメカニズムがあり、少し違う点としては、一部に比重が掛かりすぎてその部分から椎間板が飛び出すことがあるという点です。飛び出した椎間板が重度のダメージを受けるとより深刻な症状となるので、深刻化する前に対処する必要があります。

椎間板の症状の原因がわかったので、症状を改善するのならば原因になる行動を改善することで直すことができます。まずは身体の歪みを直すことから始める必要があります。身体の歪みは内蔵全般にダメージを与えるだけでなく、血管などにも負担をあたえることとなります。そのため、睡眠にも悪影響を及ぼし睡眠の質が落ちてしまいます。また、睡眠不足を引き起こす原因にもなるので椎間板ヘルニアにとってかなり悪い状態になります。骨の歪みを修正したら、次は睡眠の改善です。歪みが無くなり正常な状態に戻ったのならば、質の高い睡眠が可能になるので、適切な睡眠時間とることで身体は回復します。最後に椎間板を修復することとなります。椎間板を伸ばす、伸ばした後に揺するなどのアクションをすることで飛び出ている椎間板を吸収する作業を助長することができます。一度ダメージでも受けた椎間板でも吸収して回復することもできるので、椎間板は自然に直すことができます。これらを試しても直らない方は重症である可能性が高いのでクリニックなどで検査してもらいましょう。